JR京阪膳所駅より徒歩約15分、大津市のお葬式なら膳所シティホール

▶ お問い合わせ

▶ アクセス

滋賀県大津市のお葬式なら膳所シティホール

葬儀・告別式参列マナー

葬儀というのは故人の成仏を祈るための宗教的儀式で、近親者だけで行われますが、告別式は故人のゆかりの人たちが別れを告げる儀式であり、友人や知人、近所の人たちも参列します。 従って、本来は葬儀と告別式は別々に行われますが、近年では「葬儀式」と「告別式」が一緒に行われるようになっています。会場案内等に書く時には「葬儀ならびに告別式」というのが丁寧な表現になります。 ここでは葬儀・告別式が同時に行われるケースの流れを記します。

参列する時は、開式の10分くらい前に着くようにし、最後の出棺までお見送りするようにしましょう。

1.参列時

参列時

開式の10分くらい前に着くようにし、最後の出棺までお見送りするようにしましょう。遅刻したり、僧侶の読経が始まってから入室するのはマナー違反です。

2.受付

受付

受付では簡単に弔意を述べ、香典を差し出し、会葬者芳名帳に記帳します。通夜などですでに香典を供えてあれば記帳だけします。携帯電話は電源を切るかマナーモードにしておくようにします。

3.参列者着席(5~10分前)

参列者着席

式場に入る時は先客に一礼し、案内された場所に座ります。席がない場合は邪魔にならない場所に立って待ちます。

4.開式・僧侶入場

開式・僧侶入場

僧侶を迎えます。数珠を持参していたら手に持ちます。

5.読経

読経

読経の時間はふつう30~40分程度です。この間、参列者一同は静粛に読経を聞きます。

6.ご焼香

ご焼香

最初に僧侶が焼香し、再び読経が行われる中で喪主、遺族、親戚の順に焼香していきます。案内されたら前に出て焼香します。

7.弔辞・弔電の披露

弔辞・弔電の披露

故人と親しかった友人や同僚などが祭壇の前に進み、弔辞を読み上げます。弔辞の後には、司会者によって弔電が披露されます。

8.閉式・僧侶退場

閉式・僧侶退場

読経が終わると僧侶が法要の終わりを告げ、退場します。

9.お別れの儀

お別れの儀
出棺前に、故人との最後のお別れをします。ご遺体のまわりを花で飾りますが、これを「別れ花」といいます。

10.出棺

出棺

棺が霊柩車に移され、遺族、近親者らが火葬場へ出発します。故人と親しく特に関係の深かった方が希望されれば、同行できる場合もあります。 手配の関係もありますので事前に遺族に申し出てください。

■ご遺族にお手伝いを頼まれたら

特別な事情がないかぎり、遺族の意を汲んで快く引き受けましょう。

お手伝いをする人の立場は、参列者側ではなく、ご遺族側になりますので、喪服を着用します。白黒のリボンや黒の腕章をつけることが多いようです。 女性で通夜ぶるまいの準備を手伝う場合は、黒のブラウスやスカートなどの略礼装でもかまいませんが、エプロンを持参しましょう。 色は黒か目立たない色のものを用意していきます。


弔辞

弔辞

弔辞は生前故人と親しかった人たちが、霊前に永遠の別れを惜しむ言葉を捧げるものです。遺族は故人との関係を考え是非にと思う人にお願いするものなので、謹んで受けるのが礼儀となります。

一般的な弔辞は文章にしたものを朗読する形をとりますが、ご自身の言葉で述べてもかまいません。 弔辞の内容は、故人の人柄や業績をたたえ、追慕と感謝の気持ち、残された者の決意などを述べ。最後に遺族への慰めと別れの言葉で結ぶのが一般的です。

日常使う言葉で素直に、心をこめて故人に語りかける調子で述べ、故人とのつきあいを思い出しながら、ふさわしい内容を考えます。朗読時間の目安は3分程度です。 ただし、次の点に注意しましょう。

(1) 死因などにかかわることは避ける。大げさな表現も使わないようにする。

(2) その人となりを偲び、哀悼の気持ちを具体的に述べるようにする。故人の失敗談、欠点は禁物。

(3) 忌み言葉を入れないように十分注意する。内容についてもさしさわりのないように吟味して話す。

(4) 故人の主義主張や宗派、派閥などに特徴的な人となりの場合は、その点も考慮した表現をとった方がよい場合もある。

弔辞は記念として遺族の元に残るので、丁寧に書きます。巻紙に薄墨で毛筆により書くのが正式ですが、市販の弔辞用紙もあります。また便せんに書く場合は白無地封筒に入れます。


施設概要

※拡大図を表示クリックでGoogleマップを開きます

所在地 〒520-0802 滋賀県大津市馬場2丁目13-40
アクセス JR京阪膳所駅より徒歩約15分
駐車場 70台収容大駐車場完備(無料)
葬儀スタイル 各宗派葬儀一式(個人葬から社葬まで)
※少人数の葬儀、密葬も可能
受付時間 年中無休・24時間受付
施設概要 ホール「石山」(50名)
法事会場「堅田」(70名)
ホール「三井」(80名)
ホール「矢橋」(110名)
三井と矢橋と天領オープン使用(250名)
仕上会場「栗津(40名)、落雁(40名)」
特記事項 冷暖房完備
無料中型バス送迎(24名乗)
控え室(TV付ジェットバス)
専属スタッフによる式進行一切(マイク設備無料)
献茶ご奉仕(オプション)
専属調理部
専属スタッフによるご奉仕
霊安室
会館情報

会館情報を携帯に登録!

対応エリアご案内 シティホールサイトに移動します

年間実績25,000件以上

91ヶ所にあたる【京都府・大阪府・滋賀県・福井県・岡山県・広島県】シティホールは、すべてセレマの直営会場でございます。突然のことでも、ご遺族様の不安をできるだけとりのぞくことができるよう、365日24時間、お電話で対応しています。

0120-094-110 24時間応対 メールでご相談
0120-094-110 24時間対応